カテゴリ:考察-thoughts-( 6 )
山崎邦正
e0102932_5454651.jpg



山崎邦正が、こんなこと言ってました。


「今日は明日の2倍の価値がある。」と。



未来は今の積み重ね。
過去は今の財産。
今を生きよう。

僕らが生きるのは未来でも過去でもない。
生きるのは今。
今日は明日の2倍の価値がある。


[PR]
by bosaneta | 2007-07-12 05:44 | 考察-thoughts-
世界を救える男達
e0102932_5312572.jpg

世界を救える男・・
「世界を変えれる男達」という日記を彼女が前に書いているのを思い出してつけた題名です。

この話は知っている人も多いかも知れないが、僕は初耳でした。

ハイロウズのヒロトを知らない人はいないだろう。その歌声を聞けば日本人なら誰でも「あぁ!」とわかるはずだ。彼は過去に【ダウンタウンの番組を見て自殺を思いとどまった】ことがあるらしい。
話は<2ちゃん>の「芸人にまつわるちょっといい話」というスレらしいのだが、そこにかかれていたハイロウズのヒロトについての噂が


『あるミュージシャンが自殺しようとしてたとき、テレビがつけっぱなしで、そのとき偶然「ガキ使」が流れていてそれが面白かったため、死ぬのをやめた。
ちなみに、そのミュージシャンはハイロウズのヒロトで、そこから「日曜日よりの使者」が生まれた。』


この噂に対して、さらに様々な情報があって、(引用)
■ラジオで本人が言ってた”
■ファーストアルバム発売時のインタビューで、「この曲は、日曜の夜8時に、お笑い番組見てたらできました」とヒロトが語っていた”
■なんかガキの使いのギャラを500万にあげて欲しいとか松本が言い出して、そのミュージシャンの命を救ったという話をした後、「人の命救って500万、何が高いねん!」と言って大騒ぎしていました。


などなど。つまり・・
「”日曜日よりの使者”は、松ちゃんだった」という話しだ。

「日曜日よりの使者」の歌詞の一部に・・

『適当な嘘をついて その場を切り抜けて
誰一人傷つけない 日曜日よりの使者』

松ちゃんがハイロウズのアルバムジャケットを手がけたり、CMに出演したりと仲がいいと言う話も書いてありました。これだけの話が出てると、うなずけます。



『日曜日よりの使者 』

作詞 甲本ヒロト
作曲 甲本ヒロト
唄 THE HIGH-LOWS

たとえば 世界中が どしゃ降りの雨だろうと
ゲラゲラ 笑える 日曜日よりの使者

きのうの夜に飲んだ グラスに飛び込んで
浮き輪を浮かべた 日曜日よりの使者

適当な嘘をついて その場を切り抜けて
誰一人 傷つけない 日曜日よりの使者

流れ星が たどり着いたのは
悲しみが沈む 西の空

そして東から昇ってくるものを
迎えに行くんだろ 日曜日よりの使者

このまま どこか遠く 連れてってくれないか
君は 君こそは 日曜日よりの使者

たとえばこの街が 僕を欲しがっても
今すぐ出かけよう 日曜日よりの使者

流れ星が たどり着いたのは
悲しみが沈む 西の空

そして 東から昇ってくるものを
迎えに行くんだろ 日曜日よりの使者





そう、耳にしたことがあるんじゃないだろうか
ホンダのCMで流れているあの曲だ。

ストレス社会、癒しを求める日本の人々。
心からの「笑い」にストレスはない。
幸せを感じるとき、そこに笑顔がある。
幸せな場所には笑いがある。
そこにストレスはない。
「笑う」というものは人に備わった、素晴らしい『力』だ。


僕自身ダウンタウンは大好きだ。
仕事からかえると、買い揃えた「ガキ使」のDVDを観て笑ってから寝る。一人のときはほぼ確実に。
一日の終わりがスッキリするからだ。
相方のロウシも同じようなことを言っていた。
「お笑い観てるときが一番幸せだ。一日の細かい嫌なことを笑って吹き飛ばせる。忘れられる」と。

「笑い」で人は救える。これすなわち『世界を救える』に等しい。
人に笑顔を創るお笑い芸人達は、世界を救える人達だ。

ロウシはダウンタウンの松本の大ファンなのだが、この話を知って更に好きになったようだ。涙目でした。
自分が死ぬ前に誰か一人くらい救っておきたいねw


[PR]
by bosaneta | 2006-11-28 05:33 | 考察-thoughts-
徒然なるままに、そこはかとなく書き綴れば。
「福岡県筑前町の三輪中学校2年の男子生徒がいじめを苦に自殺」の事件。

その後に行われた臨時前項集会の好調の話…なんとも憤りを感じずにはいられない内容だった。「先生」っていうのはもういなくなってるのかもしれないな…。

教育委員会に提出する先生達の成績表なるものがあるようだ。「いじめ」の発生したクラスの担任は勿論原点扱いになるらしい。当然そこでおきるのは学校ぐるみの隠蔽だ。明るみにでて、問いただされたところで「気付かなかった」「軽視していた」などの言い訳がよく報道されている。なんとも救えない話だ。
そもそも、評価すべき着眼点がずれているんじゃないだろうかね。「いじめ」の有無で評価すべきではなく、どう「解決したか?」でないかぃ(`Д-)y-~~アァ?

「いじめ」は昔からあるもの、多分いじめを無くすのは不可能に近い。教育機関、なにか見直しできんもんかねー。問題を追っていけば家庭、地域、現代のイロイロなものが絡んできて…なんとも言葉にならないけどさぁ。

いつの世も、子供達は簡単に時代の犠牲者になってしまうのだろうか。

…とはいえ具体な名案なんで考える知識もなくただ憤りに任せ書いている私は対岸の火事を眺めているだけかもな…

| 柱 |ヽ(-公-;)…


私は小中高と師に恵まれていた。友に恵まれていた。家族に恵まれていた。近所のガンコオヤジに怒鳴られ、膝を擦りむき、木の棒を振って歩いた。時代に恵まれていた。

故郷を遠く想います。拝啓。先生方、友よ、父母姉ちゃん、町内の方々、テレビの前で何を思っていますか?

[PR]
by bosaneta | 2006-10-19 05:07 | 考察-thoughts-
「よい音楽を」

って一尊敬するヤツの曲のタイトルみたいだがw
音楽は本当にすばらしい。
素晴らしい音楽に出会う度にそう思う。

人と人の出会いが運命ならば
人と音楽の出会いもまた運命ではないだろうか

「音楽は人を変えるよ」
なんて大学時代に親友と語っていたのを思い出した


今耳で鼓膜を震わしている 一曲一曲が
アナタの人生のBGMだ

もともとジャンルにこだわり聞く方ではない (◎ω◎-)
広く浅くになるのかな(* ´皿`)
広く深くは 理想o(*`^´*)
でも多分時間が足りない!(ノ ・´ω`・)ノ
狭く深くは …はたから見てるとカッコイイけど ((o(> <)o))
俺に当てはめちゃうと なんかモッタイナイ気がヽ(`Д´)ノ

自分も一応は音楽を作る人間だ(一応ネ)
創り手…「自分の頭の中のものを生み出す人」ならば、誰しも思うことかもしれないが

『一人でもいい。知らない誰かが自分の創ったものに触れて、もし その人の心を揺さぶったなら、最高なんだと。
それが感動か批判かわからない。でも、最高なことなんだ』と


このあとも人生も
誰かの心を揺すり 誰かにこの心揺すられながら


[PR]
by bosaneta | 2005-12-08 15:41 | 考察-thoughts-
狭い男’05



ボランティアはしない
街の募金の声にも素通りをする
何かに登録している訳でもない
「世界のどこか知らない誰かのために」
素晴らしいことだと思うが
・・・何もしていない

吾ながら視野が狭いというか
冷たいかも知れないが
なんというか漠然と興味がない


でも自分の世界は守りたい
凄く規模の小さいものだけど
自分の目の 耳の 手の届く
自分の世界だけは守って生きたいと思う
(自分がよければイイって風にも聞こえるなw)

素敵なものには素敵だと言って
自分自信も同じ事を言い聞かせながら
間違ってるものには間違ってるといって

一緒に腹を抱えて笑って
時には怒りをぶつけ合い
時には哀しみを分かち合い
共に全てを楽しみたい

限られた小さな自分の世界なら
少しは力になれると思うから


自分を取り囲む世界が幸せだと 自分も幸せだ
周りの人が幸せだと やはり自分も幸せだ

「幸せ」はやっぱり共有するものなんだな



e0102932_15324821.jpg

[PR]
by bosaneta | 2005-12-02 15:31 | 考察-thoughts-
そうそう






自分で自分の弱点を知ってるやつは強いよな。

[PR]
by bosaneta | 2005-09-28 15:29 | 考察-thoughts-